脱毛大辞典」カテゴリーアーカイブ

光脱毛の種類をご存知ですか

皆さんは光脱毛を体験なさったことはありますか。
光脱毛とは、様々な光の波長にフィルターをかけ、黒い色に反応させ、黒い色があると、その毛根部分にエネルギーを与えて毛にダメージを与えてムダ毛を処理する、というものです。

光脱毛にも幾つかの種類があります。
まずはIPL脱毛。
これは、皮膚表面の温度を上げずに、ムダ毛とその毛根の温度だけを上げてムダ毛を処理するため、今表面に生えているムダ毛だけではなく、肌の中にあるムダ毛まで処理でき、波長自体、一人一人に合わせるため、肌の弱い人も安心して使えます。

またフラッシュ脱毛もあります。
これは、最先端のムダ毛処理方法と言われており、光が黒いものにしか反応せず、一旦反応すると、その毛根にのみエネルギーを当てて、ムダ毛の再生を無くします。
一瞬痛みはありますが、副作用も基本的にありません。

プラズマ脱毛、という方法もあります。
これは、ある特定の光線などにより光のエネルギーによって毛根を消滅させる方法です。
個人差はあるものの、基本的に痛みはほとんどありません。

光脱毛は、妊娠中の方や、既に強い日焼けをしている方、アレルギー等で光に強く反応してしまう方、持病のある方には避けて頂きたいものですが、とても効果的なムダ毛処理方法です。

プロによる本格的な脱毛はいかがですか

「エステやサロン等、プロにしかできないムダ毛の処理方法」には多くの種類があります。

まずは、機械を使ったムダ毛の処理方法です。
レーザー脱毛や針を使った電気脱毛、光脱毛があり、光脱毛の中には更にIPLやフラッシュ、プラズマやコスモライト、というように、使う種類によって更に種類が多くあります。

「エステやサロン等、プロにしかできないムダ毛の処理方法」のメリットは、カウンセリング後、プロが施術してくれるので、肌にトラブルを抱えていたりしても自分の肌に合った方法でムダ毛を処理してくれますし、アフターケアーの方法等も教えてくれることです。脱毛サロン人気ランキングで調べて見ましょう。
また、専用の機械などが使われたりできるので、自宅ではできない本格的なムダ毛処理方法を経験できます。

その一方で、お金や時間が掛かってしまうのも現状です。
勿論お金や時間を掛けるからこそ高品質なムダ毛処理ができるのですが、プロの方により、プロの機械や道具が使われたりする分、お金も高くなります。
また複数回エステやサロンに通って永久脱毛などしたりする分、時間も掛かってしまいます。

しかし、お金や時間が掛かることをデメリットと捉えるか、仕方ない、と捉えるかは皆さん次第。
お金や時間を掛ける分、ご自宅ではできない本格的なムダ毛処理ができます。

ムダ毛処理を検討中の方、色んな角度から方法を検討してみて下さい。

自宅でも気軽に脱毛できるんです

「自分でできる脱毛」、と言っても、様々な種類があります。

まずは、カミソリや電気シェーバーでムダ毛を剃る方法です。
また、毛抜きでムダ毛を一本一本地道に抜いていく方法もあります。
更に、脱毛テープを脱毛したい体の部位に貼ってはがす方法や、脱毛ワックスによってムダ毛を処理することもできます。
ムダ毛自体は肌に残っていても、脱色クリームによってムダ毛自体を目立たなくする方法もありますし、このクリームを自分で作ることもできます。

また、家庭用脱毛機によってムダ毛を処理することもできます。

自分でできるムダ毛処理のメリットは、それぞれ自宅で、自分でできる分、好きな時間にできますし、費用も比較的お手頃なため、初めてする方も、自分に合った方法を見付けやすい点ではないでしょうか。

また、家庭用脱毛機を一旦買えば、友人や家族など周りの人とも一緒に使えるのでお財布にも嬉しいです。

その一方、「自分でできる脱毛」のデメリットとしては、全て自分で行なう必要があるため、処理前、処理後のケアが不十分になってしまったり、自分には合っていない方法でムダ毛処理をしてしまったり、ムダ毛の処理自体方法が不十分だったりする危険性があることです。

ご自分でムダ毛を処理する場合は、手軽にできる分、ケアなどをしっかり行なって下さいね。

家庭用脱毛機器で高品質な脱毛処理を

家庭用脱毛器は、自宅で、自分でできるムダ毛処理方法の中でも特に高品質なものではないでしょうか。
最近では更に技術が発達し、肌への負担も軽く、効果も長持ちさせる機器が開発されています。
なんと、エステやサロン等でしか受けられなかったフラッシュやレーザーによる脱毛ができるものまであるほどです。

それでは、家庭用脱毛器の人気の秘密は何でしょうか。
それは、時間やお金を節約でしつつ、少しでも効果的なムダ毛処理が自宅でできる、というものです。
中には、いくら相手がプロのエステティシャンであっても、自分のムダ毛を人に見せることに抵抗がある方もいらっしゃるかも知れません。
しかし、この家庭用脱毛器なら、誰にも見られることなく気軽にムダ毛処理ができます。

自分専用の脱毛器なら、衛生面でも安心ですし、一回機器を買ってしまえば、友人やご家族でシェアできるので、お財布にも優しいです。

勿論デメリットもあります。
それは、自分で行なう分、背中などムダ毛を気付きにくい場所や手が届かない場所のムダ毛処理がおろそかになってしまう、という点です。
また、プロによる施術に比べて脱毛の効果が出るのに時間が掛かったり、個人差があったりします。

しかし、まずは機器を正しく使いこなせれば、処理の完成度は高くなります。
ぜひ手に取ってみて下さい。

抑毛剤は徐々に脱毛効果が期待できます

皆さんは「抑毛剤」をご存じですか?
抑毛剤とは、発毛を抑制する方法で、ムダ毛を生えなくすることによって、ムダ毛を無くするものです。

脱毛、と聞くと、今実際に生えているムダ毛を剃ったり、抜いたり、色を抜いて目立たなくしたり、という方法をイメージなさる方もいらっしゃると思いますが、抑毛剤は、ムダ毛が生える前に行なう方法です。

この抑毛剤は、毛根を弱らせることにより、生えてくる毛を少しずつ薄く、細くしていきます。
そのため、使用後すぐに効果が表れるわけではありませんが、少しずつ効果が表れていくため、自然とムダ毛を目立たなくさせることができます。
また、脱色クリームやカミソリなど他の脱毛方法と併用して使えば、更にムダ毛が目立たなくなります。

使用方法はとても簡単。
脱毛したい箇所に毎日塗っていくだけです。
商品にもよるかと思いますが、大体一ヵ月ほどで効果が表れてくると思います。

最近では、肌を綺麗に整えながら脱毛していく、肌に優しい抑毛剤も増えてきています。
脱毛しながら肌も綺麗になる、とは、一挙両得ですよね。

商品も色々あって実際に購入する時に迷ってしまうかも知れませんが、お値段もお手頃なので、お試し感覚で色々なものを使い、自分に合ったものを探すのがいいと思います。

少しずつ効果が表れていくので、周りに気付かれないように脱毛したい、という方にもお勧めな脱毛方法です。

 

 

肌に優しく電気シェーバーで脱毛を

電気シェーバーは電気を使ってムダ毛を処理する脱毛方法の一つです。

電気シェーバー使用のメリットは、脱毛する体の部位を特に選ばずに脱毛ができる、という点です。
シェーバーの刃自体は、刃の大きさ等の関係で、体の部位によって刃を使い分けるタイプのものもありますが、シェーバー自体は基本的に体のどこにでも使うことができます。
充電式や乾電池式のものもあるため、場所を選ばずに使えるのもメリットです。

シェーバーはムダ毛だけではなく肌も剃ってしまうため、中には使用前にシェービングクリームや泡立てた石鹸等を使用して肌への負担を少しでも無くす必要があるタイプもあります。
また、アフターケアも重要です。
シェーバーでの脱毛後は、化粧水やクリーム等で使用した箇所をスキンケアする必要があります。
また、妊娠中等肌が敏感な時には使用しない方がいい場合もあります。

勿論、電気シェーバーの刃は金属なため、錆びたり欠けてしまったりすることもあります。
刃が万全でない状態で使用すると肌への負担が増え、肌トラブルの原因になってしまうこともあるので、刃が少しでも錆びたりしたら、脱毛前に新しい刃に取り替える必要があります。

しかし、取り替える、と言っても、刃はドラッグストア等多くのお店で取り扱っているので、新しい刃を用意するのも簡単です。

電気シェーバーは簡単に使える脱毛方法の一つです。

 

肌に優しい脱毛法ご紹介します

脱毛処理には幾つもの方法があり、その中に脱色クリームがあります。

これは、専用のクリームを肌に塗れば、毛の色が少しずつ抜けていって、次第に目立たなくなる、というものです。
しかしこのクリームのデメリットの一つに、肌への負担、というものがあります。
クリーム内のブリーチが肌を傷めたりしてしまう、というものです。

しかしご家庭で脱色クリームを作る方法があるので、その方法を2つご紹介します。

まずはオキシドールを使ったものです。
これはとても簡単です。
オキシドールを水で薄め、コットンに含ませて、足や腕など脱色したい箇所に20分くらいそのコットンを乗せ、その後水で十分に洗い流す、というものです。
薬品を使いはするものの、市販のものよりは肌への負担が少ないかと思います。
また水で好みの薄さに調整できるのも特徴です。

また、食品で脱色クリームを作って脱毛することもできます。
これは、レモンと小麦粉を混ぜたものを、脱毛したい箇所に塗り、20分ほど待つ、というものです。
週2回ほど行なっていけば一カ月後には効果が表れてくると思います。

脱毛には実に様々な方法がありますが、肌への負担を少しでも減らすことがとても重要です。
自分で脱色クリーム等を用意するのは大変かも知れませんが、肌が弱い方、自然に脱毛をしたい方、ぜひご自分で脱色クリームを作り、肌に優しい脱毛をしてみて下さい。

 

 

脱色クリームも効果的な脱毛方法です

脱色クリームも、ムダ毛処理に効果的な脱毛方法です。

これは、脱毛したり、ムダ毛を抜いたり、剃ったりすることなく、ムダ毛の色を抜いていく、脱色させていく、という脱毛方法で、ムダ毛自体は残るものの、ムダ毛を目立たなくさせます。
多く脱色クリームにはトリートメント成分が既に配合されているため、肌への負担も比較的少ないかと思います。

使い方としては、まずパッチテストをし、脱色クリームに対する肌のアレルギー反応の有無を確認します。
問題なければ肌に脱色クリームを塗って一定時間そのままにし、その後ブリーチの成分が肌に残らないように水で十分に洗い流します。
そして化粧水やクリーム等で肌のお手入れをします。

最初の内はなかなか脱色しないかも知れませんが、続けて使用する内に少しずつムダ毛が目立たなくなっていくと思います。
更に、発毛を阻止する抑毛クリームを併用して使えば、ますます効果が期待できます。

脱色クリームは毛根自体を無くすわけではないため、そのままにしておくとまた新しいムダ毛が生えてきますが、お試し感覚で一時的に脱毛したい、という方や、少しずつ目立たないように脱毛していきたい、という方にお勧めな方法です。
ぜひお気軽にご利用下さい。

 

脱毛テープやワックスを徹底比較

皆さんは脱毛テープや脱毛ワックスを試したことがありますか?

脱毛テープは、足など広範囲でムダ毛を処理したい場合に使えます。
使い方はとても簡単。
専用のテープを、ムダ毛を処理したい場所に貼り、そのテープを外すだけでムダ毛を処理する、というものです。
しかしデメリットとしては、テープを剥がす時に痛みを感じたり、肌に負担を掛けたり、元々肌が弱い方には向いていない、という点があります。
また、毛切れや、毛や肌の中に入り込んでしまう潜り毛が起きる場合がありますし、短すぎると効果がないので、ある程度の長さのテープが昼用になります。

脱毛ワックスは、脱色テープと同じ専用の油が入ったワックスを、ムダ毛を処理したい箇所に一定時間塗る、というものです。
これは一部のエステサロンでも実施されていますが、市販されているワックスを使う場合、使用時にそのワックスが固まっている場合があり、それを溶かそうと熱すると、肌が火傷をしてしまうことがあるので、注意が必要です。

脱毛テープも脱毛ワックスも、手軽に使えて便利かとは思いますが、比較的すぐにまた新しい毛が生えてしまいます。

メリットやデメリットも踏まえて、数ある方法の中から自分に合ったものを選んでみて下さい。

 

 

カミソリは脱毛の中でも人気があります

脱毛方法の一つに「カミソリ」があります。

これは、コンビニエンスストアやドラッグストアなどでカミソリを購入し、ムダ毛を剃っていく、というものです。
カミソリ自体は低予算で購入できますし、最もポピュラーな脱毛方法の一つだと思います。

しかしカミソリで処理方法にも幾つか注意点があります。
まずは切れ味の悪くなったカミソリを使わないことです。
肌を傷める原因になります。

また蒸しタオル等で事前に皮膚を柔らかくしておくことも、皮膚への負担を減らします。
シェービングクリームを使って、カミソリの滑りを事前に良くしておくことは、肌にとってとても大切です。

また、カミソリで実際に脱毛をすると、皮膚も一緒に剃ってしまっているため、化粧水やクリーム等で肌への負担を減らすことが必要になります。

カミソリを使うと毛が濃くなる、ともよく言われていますがそれは間違いです。
腕や顔、足、等、脱毛したい箇所に応じてきちんとそれぞれに合わせた専用のカミソリを使えば、すぐに綺麗な仕上がりで脱毛ができます。

しかし、カミソリは、とても身近な分、クリーム等を事前にきちんと準備をせずに実施してしまいがちですし、比較的すぐにまた新しい毛が生えてきます。

カミソリでの脱毛は、肌への負担が大きいのがデメリットです。